社会環境や家族形態の変化により、葬儀後に遺骨をお墓におさめるという考えが一般的でしたが、少しずつ変化しています。

お墓をそもそも所有していない人や、家族や親せきと縁が薄くて入る墓がない人、また墓はあるけれど墓を継承していく人がいないという場合はあります。

墓は建てるとなるとまとまった金額が必要になりますし、建てた後も管理料が必要になります。

産経ニュースがとても人気であることがわかります。

お墓を継承してもらうにしても、金銭的にも負担をかけてしまうので、お墓を継いでもらうのがためらわれるという考え方を持つ人も多くなっています。そのような悩みを解決できるのが、永代供養墓です。
永代供養墓は、お墓の継承者に代わって、寺院や霊園が永代にわたってお墓を管理して供養してくれるという特徴があります。

もちろんお墓の継承者の有無に限らず、希望すれば宗派や宗旨のこだわりもなく、永代供養墓を利用することができます。



永代供養墓は、契約するときに、供養料や使用料、納骨量などまとまった金額を支払えば、その後は一切支払う必要がありません。

使用料などすべて合わせても、一般的なお墓を建てたり維持することと比較すれば、かなり費用を抑えることができます。


永代供養墓の供養方法は、運営している業者によって異なりますが、遺骨をすべてまとめて供養する合祀の方法ととっています。



納骨者の氏名や戒名などは、墓誌に書き留められていますし、月命日やお盆、お彼岸はお経を読んで供養してもらうことができるので安心です。