樹木葬という言葉は、最近注目され始めて良く名前も耳にするようになった埋葬方法です。
花や木を墓石の代わりとし、その下に遺骨を埋葬することになります。
一人1本の木の下に埋葬するものや、多人数で一つの木の下に埋葬する方法など色々なパターンが有ります。樹木葬は従来の埋葬方法とは違い、自然に還ることが出来るというイメージで選ぶ人も多いようです。



自然に還るという意味では海に散骨することを希望する人もいますが、樹木葬の場合はそれよりも手軽で、なおかつ墓標があるのでお参りも出来るというメリットがあります。



それも故人の希望なのかもしれませんが、海に散骨してしまった場合には、命日などにお参りするのは難しくなってしまいます。


そういった点では、残された人にとっても慰めになるのかもしれません。費用の点でも、墓石を建てるとなると結構な費用が掛かってしまいますが、この方法だと墓石の費用が掛かりません。


墓石を墓標とする埋葬スタイルだと、代々墓を守ってくれる子孫が居なくなってしまうと、お墓は当然荒れ果てててしまいます。

しかし樹木葬ならば、お寺などが大切に管理をしてくれるので、今までお墓を持ちたくても持てなかった人も安心して眠る事が出来るようになるかもしれません。

そのような先々の心配が要らず、自然の中に埋葬されるという形に魅力を感じる人も多いようです。

最高のNAVERまとめのサイトが登場しました。

やはり、自然の中に還るという安心感があることは樹木葬のメリットとしても大きいと言えるのかもしれません。

新しい形のお墓のスタイルとして、これからも普及していくのかもしれません。