知っておきたいファクタリングの基礎知識

subpage01

ファクタリングとは、売掛債権の買取と回収を行う金融サービスのことです。



ここで重要になる「売掛債権」は、企業が顧客に販売した商品やサービスの代金を請求できる権利(債権)のことであり、企業にとって一つの資産とみなされているものです。



また商取引ではすぐに代金が支払われず、一定の期日を設けて支払いが行われる場合が多いので、それが債権化してしまうという事情があります。


つまりファクタリングの仕組みは、クライアント(依頼企業)が業者へ手数料を支払ってその売掛債権を売却し、そして業者は買い取った売掛債権を回収期日に回収するというのが基本になると言えるでしょう。また、手数料を支払ってまで行うファクタリングのメリットは何かというと、売掛債権の「回収期日前に債権を資金化できる(資金調達ができる)」ことがまず挙げられます。通常の場合、債権は回収期日の満期になるまで回収できないため、それを資金化することはできません。
しかしファクタリング業者へ債権を売却すれば、回収期日前に債権を資金化することができるため、効率的な資金調達が可能になります。
そしてもう一つのメリットとしては、債権の回収に掛かる事務作業等の手間が省けるため、業務の効率化を図ることができるということも挙げられます。



ファクタリングの種類には、クライアント側が損失分を負担するもの(償還請求権有り)と、業者側が負担するもの(償還請求権無し)がありますが、多くの場合はクライアント側が損失分を負担するタイプのものが多いと言われています。