介護施設で利用できるファクタリング

subpage01

近年色々な企業で耳にすることがあるファクタリングという言葉ですが、これは業者を利用して自社の売り掛け根や受取手形などの売上債権を総合的に管理してもらうことができるシステムの事をさしています。


基本的に金融機関が提供しているサービスとなっており、これによって債権が回収できなくなっても代行してもらうことができるなどの万が一のトラブルにも対応することができるようになっています。



そしてこのファクタリングは介護方面でも利用することが出来るようになっており、近年介護ファクタリングと呼ばれているサービスが提供されるようになっています。

介護業界でのこのサービスは普段行われている介護報酬の国保連への請求を業者が前払いしてくれると言う内容になっており、上限でおよそ介護報酬の80パーセントを前払いで支払ってもらうことが出来ます。



この介護ファクタリングを利用するメリットはどのようなものがあるのかというと、何と言っても新規で開始した介護施設でも利用することができるようになっているところです。



新規の場合はどのように介護報酬を請求すればいいのかというところが未経験であり、時間がかかってしまうことも少なくないです。

それでも早めに回収したいと言うところがあるため、このサービスを利用することによって安定した運営を開始することができるようになっています。また、資金繰りに関しても前払いしてもらえるのでやりやすくなるというところも魅力です。