ファクタリングを上手に活用するための心得について

subpage01

ファクタリングは手形などの売掛債権を第三者の業者に売却する行為を指します。



売掛債権は法的には額面と同額の資産として扱われますが、現金化するまで時間がかかる問題があります。



また、債務側の不渡りなどで債権が無価値になってしまうケースもあるため、取扱いには注意する必要があります。
ファクタリングは債権の所有権を相手に売り渡す行為なので短時間で現金かできる他、不渡りなどのトラブルを心配する必要が無い利点もあります。



特に業種によっては常に一定額の現金が必要になるので、時間をかけずに現金を用意できるファクタリングは広く普及しています。
ファクタリングを行うと手持ちの売掛債権に関する権利が無くなるので、実際に売却を行う際は事前に詳細を確認したうえで慎重に判断することが大切です。また、債権の額面よりも低い金額で売却することになる点も併せて注意します。


同じ債権でも業者によって査定額や手続きに要する時間が異なるので、複数の業者を比較したうえで利用しやすい所を選ぶことが現金化を速やかに進めるための心得です。
ファクタリングは企業がまとまった金額の現金を入手する方法の一つとして正当な行為ですが、債権を第三者に移動させることになるので債務者の側にトラブルが生じてしまう可能性もあります。事前に相手の承諾を得たうえで健全な業者に売却することがビジネスパートナーとしての付き合いを維持するための社会的なマナーになります。